前へ
次へ

骨董品買取査定前に付属品も鑑定書も全部準備

品物の状態も骨董品買取査定の価格には影響をしますが、高価買取を目指すのであれば、様々な付属品をできるすべて揃えるようにすることです。査定へ出す骨董品の見た目が綺麗であれば、それで高く買取をしてもらえるわけではありません。あらゆる種類の骨董品がありますが、本物の骨董品には鑑定書や、何かしらの付属品が付いているためです。ただの書面と侮れないのが鑑定書であり、購入時の小さな付属品まで全て骨董品の価値になります。自分ではもう不要だからと骨董品買取店へ出すことを考えても、全て揃えて査定に出してみたら、意外と驚きの価値があるケースもゼロではありません。だから買取依頼を検討するのであれば、長らく顔を合わせたことのないような鑑定書も、どこかへしまった気のする付属品達も、すべてそろえて準備をしておくことです。お店で買った時に入っていた品物の箱も、梱包材や紐も全てであり、その中でもやはり取引をスムーズにする、鑑定書があると有利になります。

Page Top